PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# はじめての英会話スクール
こんにちは、Akikoです。

時々めずらしがられるのですが、実はわたしは海外留学経験も、海外居住経験もありません。そんなわたしが英語に近づいたのは、10年ほど前のことでした。

突然「英語ぐらいできないと…」と思い、とある英会話スクールの門を叩きました。ゼロレベルからスタート、瀟洒な洋館で英国式のマナーを身につけながら英会話を学ぶという、女子ウケする文句に惹かれ、200時間コース○十万円という大金を、清水の舞台から飛び降りる思いでつぎ込みました。が、そこは、元・空手家のイギリス人S氏がスパルタ指導を行う、超・厳しいスクールでした。

どれだけ厳しいかというと、
・ Yes, Noは禁止。質問にはフルセンテンスで答えなければならない。冠詞の”a”や”the”がちょっとでも抜けるとやり直し。複数形が抜けたり、三人称単数が抜けたりしてもやり直しさせられる。(赤ん坊は親の言葉を鸚鵡返しして言語を覚える、というのが理由)
・ ちょっとでもボーッとしていると、Lack of Awareness(気配りが足りない)としかられる。
・ とにかくアイコンタクト。目をそらすと、質問にちゃんと答えても、OKがでない。
・ 言語よりまず、メンタリティが大事。態度が堂々としていないと、日本人はゴキブリみたいに壁に沿っていると言われる。

例えばこんなことがありました。
ドアの前でS氏とかち合った時のことです。
 “After you.”

海外経験があれば、どうということはないシチュエーションかもしれませんが、
わたしはすっかり固まってしまいました。反応が遅いと、「コモン・センス(常識)があれば答えられるはずだ!」と、容赦なく雷が落ちます。

“After you” (お先にどうぞ)
“Excuse me for going ahead.” (お先に失礼します)

というのが、気配りにあふれた答えらしいのです。
「いくらコモン・センスがあっても、そもそもゼロレベルで来てるんだから、そんなのわからないよ!!」と言いたいのですが、反論できるほど英語が上手いはずはありません。ぐっとこらえるしかなく、当時は一瞬殺意を覚えるほどで、「敵を知るために英語を覚える」という心境にすらなっていました。

部屋に入るときは、
Excuse me, coming in.

そばを通るときは、
Excuse me, going through.

ひたすら、
Could you…
Would you…
May I…
Could I…
と依頼・許可の表現の練習を繰り返し、

命令をされたら、
Certainly I will.

と答えていました。

何年も経って、飛行機の機内上映でハル・アシュビーの”Being There”という映画を見た時に、”Certainly”に「かしこまりました」という字幕が付いていて衝撃を受けたことは忘れません。

そんな風に普段は指導の厳しいS氏でしたが、週末には葉山でボートに乗ったり、当時は珍しかったコストコに皆で買い物に行ったり、楽しいイベントもたくさんありました。料理上手で、アボガドの種の正しいとり方や、手作りビーフジャーキーの作り方も教わりました。(網戸をシャワーで洗って、牛肉の薄切りを並べて、塩胡椒をたっぷり振り、真夏の暑い日差しに当てるだけ!)人生の楽しみ方を知っている、遊び上手でおちゃめな方でもありました。

その後仕事が忙しくなってしまい、通えなくなってしまいましたが、初めての英会話スクール体験が、今につながっていることは確かです。ずいぶん経ってから仕事で海外の方と接する機会が増えましたが、ばっちりアイコンタクト!力強い握手!決断力あふれる人間に突如として変貌できるのも、S氏のおかげです。

ちなみに、好感度NO.1人気のハーフ・タレントさんは、S氏のお嬢様で、あの厳しいお父様の元で育ったなら、芸能界を生き抜くぐらいたやすいのではないか…と勝手に想像しています。

不肖の生徒でしたが、最後はS氏に教わった御礼の表現で、締めくくりたいと思います。
Thank you for all you’ve done for me. I hope I haven’t caused you too much trouble or concern. If I have, I’m awfully sorry. I do apologize.
(大変お世話になりました。いろいろとご迷惑をおかけいたしました)

それではまた!

続き▽
Akiko : comments (x) : trackback (x)
# 「シンプル・シモン」
こんにちは、Akikoです。
本日は映画の告知をさせて下さい。

5月3日(土)〜ユーロスペース渋谷にて、スウェーデン映画『シンプル・シモン』が公開中です。
2011年のアカデミー賞外国語映画賞のスウェーデン代表に選出され、各地の映画祭で大好評だった作品が、ついに劇場公開されました!アスペルガー症候群の主人公・シモンの眼に映る世界をユーモアたっぷりに描き出した、キュートでハッピーな物語です。シンプル・シモン公式サイト
http://www.simon-movie.jp/index.html

(あらすじ)物理とSFが大好きなシモンは、気に入らないことがあると自分だけの“ロケット”にこもり、想像の宇宙へ飛び立ってしまう。そんなシモンを理解してくれるのは、お兄ちゃんのサムだけ。でも、シモンのせいでサムは恋人に振られてしまう。彼女がいなくなって、落ち込むサム。そのせいで自分のペースを乱されるシモン。サムに「完璧な恋人」さえいれば、生活が元通りになると考えたシモンは、サムにぴったりな相手を探し始める。そして、偶然出逢った天真爛漫なイェニファーに狙いを定め、ある計画を実行に移すが・・・。

シモンは『2001年宇宙の旅』ファンで、気に入らないことがあると、宇宙船に見立てたドラム缶にすぐ閉じこもってしまいます。そんなシモンに対して、兄サムは英語で語りかけます。
“Do you copy?”
あの『ゼロ・グラビティ』でもおなじみの台詞。
この愛に満ちた一言で、冒頭から胸がしめつけられてしまいます…。

それにしても、スウェーデン人は英語が巧いですね。なんでも、小さい頃からアメリカのTV番組を見ているので自然と英語を理解できるようになっているという説があります。

この作品は、お手伝いしているトーキョーノーザンライツフェスティバルで、2012年に上映され、大好評だった作品です。「もう一度観たい!」「シモンに会いたい!」というたくさんのお客様の熱烈な声にお応えして、劇場公開の運びとなりました。北欧デザインのインテリアやファッションを楽しめるだけでなく、86分という尺の中に、シンプルかつ奥深い物語が詰まっています。是非ご覧になっていただけばと思います。

ではでは、
ごきげんよう。さようなら(^-^*)

続き▽
Akiko : comments (x) : trackback (x)
# 「占いの聖地・黄大仙」
こんにちは、Akikoです。
いまだに香港をなつかしむ日々を過ごしております。

滞在中、香港で最も有名な道教のお寺のひとつ、黄大仙廟に行ってきました。なんでも、この黄大仙(ウォンタイシン)は「占いの聖地」と呼ばれ、有名なのだそうです。

お参りもそこそこに、境内にある竹の筒「筮竹(ゼイチク)」を借りて、占いたい内容を強く念じながらおみくじ(1から100の数字が書かれた竹の棒)1本が飛び出すまで振り続けます。

振り続けること数分…写真:「香港観光旅行ガイド 香港ナビ」より

なかなか棒が出てきません…。
もはや占いたい内容より、「一本出てこいや!」と念じながら振り続けること、10分以上、腕もいいかげん疲れた頃に、ポローンと落ちてきました。

出て来たのは第六十六番。
境内に隣接したフロアの1階と2階に、百数十もの占いブースが軒を連ねており、迷ってうろうろしていると、占い師のおじちゃん、おばちゃんがこちらを見て、おいでおいでの手招きをします。暇そうに、ブースの中で新聞を読んでいたり、居眠りをしていたりするおじさんもたくさんいました。「日本語OKよ!」と言う声もかけられます。(どうして日本人とわかるのかな〜)と思いつつ、何となく積極的な日本語プッシュのところには寄る気がせず、英語可と書かれたおばちゃんのブースに、感じるところがあり、入ってみました。
写真:「香港観光旅行ガイド 香港ナビ」より

番号を告げると、おみくじと交換してくれました。
仕事運について占って欲しいと伝えると、HK$30でおばちゃんが解説してくれます。

おばちゃんが言うことには、「ライターの人が集まる飲み会があって、そこの人脈から仕事につながり、流れるように上手くいく云々」という、Very goodな札だそうです。(後で調べてわかったのですが、書道史上最も有名な作品と言われる、王義之の『蘭亭序』の一節からとった文句のようです。おばちゃんの言うライターは「文人」をさすらしい。おみくじに文学の一節が使われるって、中国文化の教養、すごいですね)

気を良くしたわたしは、さらにオプション(HK$150)で、手相も見てもらうことにしましたが…

おばちゃん “You shouldn’t get married before 28 years old.”
わたし “What? I’m afraid I got married when I was 26 years old.”

とたんに雲行きが怪しくなり、しまいには、

おばちゃん “You have two children, one son and one daughter, right?”
わたし “Sorry, I have ONLY one son!”

すると、おばちゃんはわたしの目をじっと覗き込んで尋ねます。
“Did you have an abortion?”

”NO!!!!”
目をそらさずにおばちゃんをガン見して答えました。
予想外の疑いをかけられ、なんだか変な汗をかいてしまいました。

しっくりかみ合わないままに占いは終わりましたが、訛りが聞き取れず(人のこと言えないですが)何度か聞き返したこともあり、おばちゃんも相当疲れたのではないかと思います。

今度は、中国語で占ってもらって、誰かに通訳してもらいたいな…でも、もっとすごいこと聞かれちゃうのもなんだかな…。

香港に行く機会のある方は、よかったら試してみてくださいね! 再見!!

続き▽
Akiko : comments (x) : trackback (x)
# 続・チョンキンマンション
こんにちは! Akikoです。

映画祭で訪れた香港、旅の疲れを癒すつもりのホテルが、思いがけず最もスリリングな旅となり…。以下、4月4日付のブログの後半です。


ソーリー、ソーリーと現れたオーナーは、中国系の優しそうなおじさんで、シャンプー、タオル、ドライヤーまで貸してくれました。ゲストハウスの入口の鍵と、自分の部屋の鍵の両方をもらうシステムでした。どうやら、宿にオーナーが常駐している訳ではなさそうです。

案内された部屋は、確かに恐ろしく狭かったですが、その割にきちんと掃除され、WiFiも完備でした。小部屋にトイレとシャワー室があって、シャワーを使うと、トイレのふたがビショビショになりましたが、悪くなかったです。

ただ、狭いベッドの窓から見えるビルの中庭の風景が今にも崩れそうで、「火事が来たら確実に死ぬな…」と心の中でつぶやきました。

同じゲストハウスにはヨーロッパ系のバックパッカー夫婦もいました。姿は見ませんでしたが、家族連れもいたようです。いちど扉の向うから、子どもが ” I’m so scared!! ” と叫ぶ声がして、親でしょうか、“ Shhh! ” とたしなめる声も響いて来て、なんだか余計に不安になりました。。

でも、一番不安になったのが、宿のオーナーからのメールを見直した時でした。

滞在の前に、チェックイン時間や空港からの行き方説明を丁寧に送ってくれていたのですが、よく見ると、その名前が
John Smith
になっていたのです。

いえいえ、本当にジョン・スミスさんかもしれませんよ。
でも、ジョン・スミスといえば、確かアガサ・クリスティーの推理小説にも出て来る、イギリス人に最も多い平凡な名前で、それゆえ偽名によく使われることで有名な名前です。

さらにWikipediaで重慶大厦を調べると、
「過去に何度か一部の部屋が燃える火事が起きている。」
「犯罪の温床であると言われ長らく治安面で不安を抱えていた」
という記述を読んで、すっかり震える一夜を過ごしたのでした…。

翌日、ゲストハウスを後にしました。
あとで手元のガイドブックを見ると、「一見怪しいけど、意外と安全です」とあり、確かにそうだったかなあ…という気もします。社会のギリギリのところで生きる人間の熱気や、生き抜こうというぎらぎらした欲望が渦巻いているところでした。

そのあと、最初に泊まったホテルの前を通りかかりましたが、清潔でおしゃれだけど、どこか均質で、人間味を失っているように見えました。

安全だけれど風情のない、横浜の田舎町に育ったわたしには、ちょっと危ない香りのする、都会の人間くさい風景にどこか憧れがあるのかもしれません。

続き▽
Akiko : comments (x) : trackback (x)
# チョンキンマンション
こんにちは、Akikoです。
先月末、香港国際映画祭と香港アジア・フィルム・ファイナンシング・フォーラムに参加してきました。

最初の4日間は映画祭が手配してくれたおしゃれなホテルに滞在しました。せっかくなので延泊して観光しようと思い、あらかじめ予約していた、ネットで評価の高かった、ゲストハウスに移ることにしました。

優しいホテルの人がタクシーを手配してくれました。住所は?と聞かれ、アドレスを見せると、すぐタクシーが発車しました。

(あれ?ストリート名とか、番地とか、言っていないのに大丈夫かな…?)

そんな不安をよそに、タクシーはものすごい勢いで、橋を渡り、あっという間に香港一の繁華街、尖沙咀に入りました。ネイザンロード(弥敦道)の真ん中の、巨大な古びた商業ビルの前でタクシーは停まりました。

(ここが…ゲストハウス??)

タクシーの運転手さんに聞くと、「チョンキンマンションでしょ!」と言います。確かにビルの正面には、「重慶大厦」とあります。どうやら、これがゲストハウスの住所のChungking Mansionsというやつらしいです。でも、どう見ても、パーツ屋さんが集まった秋葉原のガード下のような、ヤミ市のような妖しい活気に溢れています。雑貨屋や、部品屋や、カレー屋、ありとあらゆるごちゃごちゃした店が所狭しと集まっていて、いるのは南アジア・中東・アフリカ系のこわもて(に見える)男性ばかり。アジア人の女性の姿は殆どなく、傍を通るだけで強い視線を感じます。

ゲストハウスは12階らしいので、エレベーターを待ちます。2台ありますが、左右で停止階を奇数階と偶数階に振り分けているらしく、しかも小さいので、とにかく待ちます。エレベータホールには内部の映像を流すディスプレイが設置されており、人で満杯で入れないのがリアルタイムで分かるようになっています。

左右の壁を見ると、ゲストハウスの看板がぎっしり。そうです、後で調べてわかったのですが、これが数多くの安宿が密集しているビルとして、世界中のバックパッカーに知れ渡り、映画『恋する惑星』の舞台ともなった重慶大厦(チョンキンマンション)だったのです。

待てども待てども来ないエレベーターにやっと乗り、12階に降りると、異様な静けさでシーンとしています。3人連れのアフリカ系の男性グループがこちらを一瞥します。

しかも、目的のゲストハウスの扉を開けようとすると、鍵が閉まっているではないですか。

密室空間に取り残された不安から心臓がバクバクしました。貼紙にある電話番号あてにコールをすると、「5分で行くから!」とオーナーが出ました。

エレベーターの人の気配や、「窃盗は犯罪です」という防犯ステッカーに怯えながら、確実に10分ぐらい待ちました。

〔次回につづく・・・〕


写真1:飲茶の美味しい伝統的な名店・蓮香楼。

写真2:鳩の肉!美味。

続き▽
Akiko : comments (x) : trackback (x)
# アカデミー賞授賞式
こんにちは、Akiko です。
3月3日(現地時間3月2日)にアカデミー賞授賞式がおこなわれました。
今年は式の途中にピザの宅配が現れるという新たな趣向があり、ブラピがお皿を配っていた写真をニュースなどでご覧になった方も多いかと思います。

ですがなんといっても一番のハイライトは受賞者のスピーチ!
日本映画が世界一素晴らしいと思っていますが、アカデミー賞だけは残念ながら別! アメリカでは、受賞のスピーチで「何て言っていいか分からない」なんて言う人は誰もいません。

なにしろよりすぐりの演技力を持つ人たちがするスピーチですから、それ自体が最高のショーなわけです。心を打たない訳はなく、会場全体がスタンディングオベーション、そして映画史に語り継がれるような伝説的なスピーチが生まれます。

とくにウルッとくるのが親やパートナーへの感謝の言葉。
「ああ、みんな相当家族に迷惑をかけているんだろうな…」
と、ひとりで勝手に親近感を覚えて涙します。
セレブだって巨匠だって、ワークライフバランスは大変なんです、きっと。

そして、映画愛。
キム・ノヴァクがプレゼンターとして舞台に上がっていましたが、確か81歳のはずなのに、まったくたるみのないフェイスライン。かなりリフトアップしているはずだけど、もうヒッチコックの『めまい』のヒロインがそこにいるというだけでオッケー! 

また、この一年の間に故人となった映画関係者をしのぶメモリアルでは、急逝した俳優フィリップ・シーモア・ホフマンのポートレートがラストにスクリーンに映し出されました。尺数としても一番長いカットであり、哀悼の意と限りないリスペクトを感じるには充分な間でした。

また、「夢は叶う」というメッセージ。
今年は『ダラス・バイヤーズクラブ』で性転換を受けたHIV患者を演じ、最優秀助演男優賞を受賞した、ジャレッド・レトのスピーチがよかったですね。
ほんの一部ですが、抜粋します。

In 1971, Bossier City, Louisiana, there was a teenage girl who was pregnant with her second child. She was a high school dropout and a single mom, but somehow she managed to make a better life for herself and her children. She encouraged her kids to be creative, to work hard and to do something special. That girl is my mother and she’s here tonight. And I just want to say, I love you, Mom. Thank you for teaching me to dream.
(Jared Leto’s Oscar acceptance speech)

「 1971年ルイジアナ州ボージャーシティに、第2子を妊娠中の10代の少女がいました。彼女は高校を中退したシングルマザーです。でも、彼女は家族のために人生を諦めませんでした。そして、子ども達を勇気づけたのです。想像力を働かせ、努力して、特別な何かができる人になりなさいと。その少女が、今日ここにいる僕の母です。ママ、愛してるよ。夢を見る事を教えてくれてありがとう。 」
(ジャレッド・レト アカデミー賞受賞スピーチより)

なんて親思いの息子なんでしょう…
子に尊敬される親にならなければいけませんね。(キリッ)

ではでは、また!

続き▽
Akiko : comments (x) : trackback (x)
# Wind Removing Pose
はじめまして、Akiko と申します。
先月より SWIFT の仲間入りをさせて頂きました。
どうぞよろしくお願い致します!

昨日は久しぶりにヨガに行ってすっきりしました。気がつけば、12年ぐらい続けているでしょうか。いわゆるホットヨガで、真夏でもストーブをがんがんにたいて、室温40度ぐらいの中、汗だくになりながら90分間ポーズをとります。健康のためより、終わったあとのビールが美味しいというのがかなりのモチベーションになっています。

ちょうどこのヨガをはじめたころ、ニューヨークにいる知人のもとに遊びに行きました。その頃は体を慣らすため、週3ペースでやっていたので、ちょっとでも間があくとなんだか体がぎしぎしした感じになってしまいます。調べると、ニューヨークには同じ流派のヨガスタジオがたくさんあります。マドンナや、いまではレディー・ガガといったセレブに愛好者が多いことで有名なヨガです。
すっかりテンションがアガった私。
「そうだ、ニューヨークでヨガをしよう!」

スタジオを訪れ、受付で始めてから半年近くであることを話し、ビジター体験をすることになりました。ロッカーの鍵を受け取って着替え、スタジオに入りました。日本よりさらに暑く感じるような、熱気と湿度がムンムンしていました。ポーズはまったく同じはずだからついていけるはず…
が、そこには日本のスタジオとはまったく違う空気が流れていました。

男性インストラクターはビキニパンツ一丁、ポーズと効用をひたすら喋り続けながら、参加者は水着のようなヨガウェアに身を包み、鏡の中の自分だけを見つめて、ひたすら集中してヨガをします。

そして、カウントも10秒ではなく20秒と、異常に長い。…これはキツい!

それまで日本で、Tシャツにスパッツ姿で、有線を流し、ダラダラと世間話をしながら10秒カウントでポーズをとっていたわたしには、アメリカ人の恐ろしさをヒシヒシと感じた出来事でした。

セッションの終わり、ビキニパンツのインストラクターが、「今日はよくやった、集中してやった」と催眠術のように繰り返す頃には、完全に燃え尽きていました…。

いまでは東京で、週一で、だらだらとヨガをしている私ですが、時々、あのスタジオのニューヨーカーたちのギラギラした空気が懐かしくなることがあります。(BIKRAM YOGA NYC http://www.bikramyoganyc.com/

最後に、ヨガのポーズを一つ紹介します。 (BIKRAM YOGA SAN CLEMENTE より) 

“Wind Removing Pose”です。
日本では「ガス抜きのポーズ」と言われています。
なぜガス抜きか?と思われた方、ぜひ、やってみてください。
お腹スッキリすること、言うことなしです!

ではまた、これからもよろしくお願いします!

Akiko : comments (x) : trackback (x)