PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# くーさんの英語教室②
こんにちは、くーです。ご好評(←思い込み?? ^^)にお応えして、
今日は、ちょっと英語の勉強をしてみましょう。
前回(3月18日)、日本人にとって最大の弱点は三単元の-sではないか
ということを申し上げましたが、それに匹敵するとも言える弱点は、
冠詞の a(an)やtheの使い方、そして複数形の –s ではないでしょうか。
模試を採点するにあたり、このたぐいのミスによる減点もよく見られます。

これらを理解するには、まず英語の名詞には
Countable (数えられる)ものと、Uncountable (数えられない)ものが
あることを意識しなければなりません。
 数えられるcountableなものには:
 apple りんご boy 少年 car 車 dog 犬 egg 卵 file ファイルetc. …
 数えられないuncountableなものには:
 gold 金 happiness 幸せ information 情報 juice ジュース etc. …
があります。なんとなーく、系統的に理解できますかね。

では、以下に挙げる名詞はどちらでしょう?
 advice 忠告、baggage / luggage (ともに)荷物、bread パン、
 furniture 家具、news ニュース、permission 許可、
 scenery 景色、traffic 交通、travel 旅行、work 仕事
これらはみんなuncountableなんですねー(^^;)
だから、これらにはa(an)や –s はつきません(とまずは覚えて下さい)。

これも日本語の名詞にないコンセプトですから、
しっくりこなくて当たり前かと思いますが、
(採点官としては、逆に心苦しくなるくらい)
せっかく語彙も豊富で論点もしっかりしている英作文なのに、
このせいで軒並み「マイナス1点」をつけていくことになったりするので、
英語の試験を受けられる際には、是非、留意していただきたい点ですね。

Qoo::English Lessons : comments (x) : trackback (x)