PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# 今日のことわざ9
The early bird catches the worm.

Tokoです、おはようございます。
最近、この早朝の時間帯がわたしのプライム・タイムになっています(と言いましたが、ブログ読者の皆様にはわたしが何時にこれを書いているか分からないですよね…明かします、午前4時です)。たぶん最近とくにお世話になっている、お客様や作業担当者の皆さんは、わたしからこの時間帯にメールが届いているのを見て「あら、足立さんこんな時間に…」と思っていらっしゃるんでしょうね。ただ、「こんな時間まで働いているのか」と思われるか、「こんなに早くから働いているのか」と思われるか、ご本人のライフスタイルとも関連して異なってくるかもしれません。

実はここのところまた、さまざまなテーマの案件のご依頼を承っており、有難い限りです。翻訳や日本語の文字起こしなど、作業担当者の皆さんが仕上げてくれた文書を納品前にチェックするのもわたしの役目なのですが、六件とかの案件を同時にお引き受けしていると、文書の内容が非常に多岐にわたるため、PC のワードの漢字変換の学習機能も、通貨なの?通過なの?「…っつうか」なの?などといつも混乱しているようです笑。

ところで冒頭の、The early bird catches the worm は、直訳すると「早起き鳥は虫を捕まえる」、日本のことわざの「早起きは三文の得」に呼応する Proverb ですね。ここで使われている、鳥の食べる the worm というのが一般的にミミズだと考えると、ミミズが地上に出てくる確率が一番高いとされている早朝を狙うのは確かに生産効率の高いやり方かもしれません。それとも競争相手の少ない早い時間帯から働き出し、仕事をたくさんこなすことで、収入が増える、という理論ですかね。由来は定かではありませんが、たまに、Early Bird(アーリー・バード)という早朝限定の特別メニューやサービスを提供するお店があったりするので、実生活でも「三文の得」程度の恩恵はあるかもしれません。

わたしの場合、早朝に仕事をしているのが「早起き」にあたるのか「夜更かし」にあたるのか、それは時と場合によるとして、早寝・早起きのメリットについては、当ブログでもこれまでに何度かお伝えしてきました(2010年6月29日および2011年5月17日など)。午後10時から午前2時のコア・タイム睡眠、実行できれば体調管理という面でも作業効率という面でもかなり有効なんですけど、それがなかなか…言うが易しですね。

-Proverbs : comments (x) : trackback (x)