PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# くーさんの英語教室⑰
今日は条件節についてお話したいと思います。

条件節と言えば、やはり“ if 節(もし〜なら)”ですね。
 If you are going to the city, you should take a bus.
 もし街へ行くつもりなら、バスを使うべきだよ。

また “ unless 節(もし〜ないなら)”もよく使います。
 Buses are convenient unless you are in a hurry.
 急いでないなら、バスは便利だよ。

尚、“ unless 節(〜しなければ)”のようにも使われます。
 Unless I hurry, I will be late for the interview!
 急がなきゃ、面接に間に合わないんだ!

次に、「〜する(しない)限り」という限定的な条件を述べたい時に使える表現には、“ as long as ”=“ provided (that) ”=“ providing (that) ”(全て同義)があります。
 You can use my car as long as you drive carefully.
 注意して運転するなら、僕の車を使ってもいいよ。
 You should get there faster provided that you can find parking quickly.
 駐車場がすぐに見つかれば、現地に速く着くはずだよ。
 OK, I will accept your offer providing you are not expecting something outrageous in return…
 わかった、君がとんでもない見返りを期待していないなら、そうさせてもらうよ(^^;)

最後に、“ in case(〜する可能性があるから、〜するといけないから)”も頻出表現です!
 Are you kidding? I may as well drive you to the place in case you cannot find parking.
 バカ言うなよ。君が駐車場を見つけられないと困るから、僕が送って行ってもいいんだぜ。


それぞれの条件節内の動詞は未来のことであっても“現在形”となりますので、ご注意を。

Qoo::English Lessons : comments (x) : trackback (x)