PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# Thanksgiving Feast
こんにちは、くーです。11月の第四木曜日である今日は、アメリカの Thanksgiving(サンクスギビング「感謝祭」)という祝日です。今日を含め木・金・土・日の4日間は典型的なアメリカ国民のほぼ全員がお休みを取ると言っても過言ではないぐらい、アメリカでは一年で最もテンションの上がるホリデーの一つなのではないでしょうか。アメリカに実際住むことになって気付いたのですが、秋からクリスマスにかけての行事の多いこと多いこと。秋祭り、収穫祭、ハロウィーン、感謝祭の連休、娘の誕生日(コレハウチダケデスネ)、クリスマス…、真面目に毎週末ごとにおよばれにいったりイベントに参加したり、大忙しです(10月27日付と11月1日付のブログもご参照のこと)。

でも何となく、この感謝祭がとりわけ緊張感を感じるような気がします。ウキウキというよりソワソワといった雰囲気で、おそらくそれは家族や親戚ぐるみのつきあいも絡んでくるホリデーなので、一概に「楽しい」といえない心理が働くからでしょう(^^;)それから、感謝祭当日はほとんどのお店が閉まってしまうという話なので、一大ホリデーのパーティーを控えて「忘れ物のないように買い出しを済ませなければ」という使命がその緊張感を助長するのかもしれません。

まあ、とにかく娘の通う小学校も今日から4連休ということで、昨日のお昼に「Thanksgiving Feast(感謝祭の祝宴)」が開かれました。担任の先生が自ら焼いて下さった特大の Turkey(七面鳥)をメインに第二学年合同の祝宴が廊下で(!)行われたのです。これに先立ち2週間程前から、メイン以外に保護者が(Contribution「寄贈」という名目で)持参するものについてアンケート形式で募集がかかります(^^;)。必須の項目として、パン、サラダ、デザート、飲み物、ナプキン類のほかに、マカロニ&チーズやマッシュ・ポテトが挙げられていたところがアメリカらしいなと思いました。手前が ↑ 大量のマカロニ&チーズです(^^;)忙しくしているご家庭は、パンとかナプキン類をさっさと昼休みに届けて職場に戻られる姿もありましたが、感謝祭の主旨そのものを反映するかのように腕を振るって自慢料理を持参するご家庭もありました。こちらは、感謝祭の主役(?)、七面鳥をかたどった手作りチョコレートケーキです(^^)見た目といい味といい、生徒たちのみならず参加した親御さんも笑顔にしていました。

Qoo::US Kid Journal : comments (x) : trackback (x)