PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# Hibernation
♪ Jingle bells, Jingle bells Jingle all the way ♪
♪ Oh, What fun it is to ride in a-one-horse-open sleigh…♪

こんにちは、くーです。娘の小学校が今日から冬休みに入りました。日本の小学校も明日の天皇誕生日からお休みとなるのでしょうか。アメリカが日本と違うのは、一般企業などもこの時期から長期休暇に入るところが多い点です。娘が普段仲良くしてもらっている近所のお友達のお宅も、お父さんやお母さんの実家でクリスマス・お正月を過ごすため長期でお留守にされるご家庭が多く、地元に残るのは少数派。反って寂しくなります。

一般的に日本では逆に、正月三箇日を過ぎてもお祝い気分が抜けずに Business as usual(平常通り営業)というわけには行かないところ多いと思います。アメリカではお正月を家族で祝うという雰囲気がほぼないと言ってもいいかもしれません。ほとんどの場合、カレンダー通りに仕事始め・新学期になり Business as usual、平常通り勤務・授業が始まります。その証拠に、娘が最近図工の時間に作成したクリスマス・ツリー型マグネットには「2012」の文字が。すごい。アメリカ人の感覚では、クリスマスが新年の始まりなのでしょうか。確かに、サンクスギビングが終わったとたんに「最終月」が始まったかのように慌ただしくなりました。お正月にはお祝いの意味合いはさほどはなく、そろそろ地元に戻る準備を始めるという、むしろホリデー・シーズンの終わりを告げる役目をしているかもしれません。

さて・・・これから1月3日まで毎日イベント企画をしなければなりません。周りにあまりお友達が居ないとなれば、読書やゲームをして“自宅でまったり”という日も多くなるという予感がします。まるで冬眠のようですね。

そう言えば、秋口にその辺を走り回っているリスを見かけた娘が(英語で)、「あのリスが太ってるのは、Hibernation(=冬眠)の準備をしているからよ」とか「あ、あのリスは痩せてるからHibernationに備えてもっと食べなくっちゃ」とか言っていました。へえ、そんな単語よく知ってるもんだなあ、と思っていたら、どうやら学校の理科の授業で習ったらしいです。そうなんですよね、日本でも小学校2年生ともなれば「冬眠」くらい習いますもんね。なんだか、大人になって英語を習うと Hibernation みたく日常的でない単語はかなり後にならないと習いませんが、小学校なら授業で出てきてもおかしくないのか、と妙に感心してしまいました。

さぁて、家族水入らずの Hibernationに備えて、今日は買い出しにでも行って来ますか。

Qoo : comments (x) : trackback (x)