PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# 高松への旅
 みなさん、こんにちは。ロシア語担当のTです。京都の京阪電鉄出町柳駅前に、夕方になると「石焼き芋」の歌が聞こえてくるような季節になってきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 さて、本日のブログは私が担当する今年最後の投稿です。どんなテーマにしようかと悩んだ結果、10月に高松に行ってきた時の話を書こうと決めました。タイトルには、「旅」と書きましたが、実は出張で高松へ行く機会があったので、空き時間の半日を利用して少し四国を味わうことにしました。
 その半日を効率的に使うため、レンタサイクルで自転車を借り、高松港や栗林公園を回りました。私が今住んでいる大阪府のK市も以前住んでいた京都市も海までわりと遠いので、港町には特別な魅力があるように感じています。(あるいは、ドニプロ川という大きな川がウクライナの首都キエフの中を流れていることが原因なのかもしれません。)高松でも、小豆島や瀬戸内海の他の島たちに運航されている船がたくさん見ることができ、日本は島国であることを再確認できました。
 また栗林公園は、日本の造園の技術の素晴らしさという点において大変素敵なところでした。100年以上前の建物もいくつか残り、松の木が丁寧に手入れされていて、例えて言いますと、まるで18世紀もしくは19世紀にタイムスリップしたような気がずっとしていました。
 フィールドトリップにも参加することができ、グループは屋島という(現在は半島になっている)昔は島だったところを訪れました。その頂点からの景色は、また格別なものでした。他にも何カ所の観光スポットを訪れましたが、ここで特筆すべきなのはもちろん、うどんです。正直に言いますと、私は日本人の「麺を食べる文化」は現在も十分に理解していませんが、高松で食べたうどんの味のおかげで、それはウクライナにも絶対輸出できるものだと確信しました。
 最後に写真数枚を掲載させていただきます。


 (ホテルからの眺め)


(屋島の頂点からの景色)

  今年は残りわずかとなりましたが、皆さまはどうかお元気で新年をお迎えください。また来年もこのブログのこと、どうぞ宜しくお願いいたします。
-Travelogue: my humble love for Japan : comments (x) : trackback (x)