PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# 万博記念公園について
皆さん、こんにちは。ロシア語担当のTです。桜の花もかなり散った地域はたくさんあると思えば、札幌市の開花予告は5月初頭だそうです。桜の開花状況は、日本という国の地理的な特徴をよく物語っています。日本に住んでいる外国人として、大変興味深いことです。

さて、3月のブログにふれたとおり、今回は大阪府にある万博記念公園について書きたいと思います。実は私、この公園の近くに引っ越してから、ここは来日する外国人の観光客に対して、日本文化や日本社会のさまざまな側面を紹介する絶好な場所なのではないかと思い始めました。

もし仮に、大阪市周辺の観光コースを提案しなさいと言われた場合には、私は間違いなく万博記念公園の4時間のコースを推薦すると思います。なぜならば、ここは伝統的な日本文化も、日本が成し遂げてきた急激な経済成長についても学ぶことができるからです。

まず日本の伝統文化ですが、公園の北側に日本庭園があり、その中にはお茶の席もありますので日本の造園の技と伝統文化の一つである茶の湯を楽しむことができます。

また、戦後の日本経済の成長について学術的な書籍はたくさん出版されていますが、本に書いてあることの具体的な事例として万博公園を訪れることは示唆に飛んでいることだと思います。中央の入り口から入ってお客さんをすぐに迎えてくれる太陽の塔について調べてみるのも良いし、博覧会自体の様子が非常に分かりやすく説明されているEXPO'70パビリオンもぜひともおすすめしたいところです。


(ホームページはこちら: http://www.bmkkc.or.jp/expo70pavilion/

また、万博公園は面積から言ってもかなり広い場所なので、どんな季節に行っても様々な花が楽しめます。先日私が行った時は、桜が満開でした。

これまで書いてきた外国人向けの模範コースの締めくくりとして、昨年11月にオープンした大型商業施設「エキスポシティ」での買い物も悪くない気がします。場合によっては、半日ではなく1日のコースになりそうですが、それはそれで素敵な流れかもしれません。

次回のブログでは、外から見られる時の日本のイメージについて書いてみたいと思います。
T : comments (x) : trackback (x)