PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# 語源の旅:continentとcontain
こんにちは、Ayakoです。今日はテレビに私の故郷が出ていたので見入ってしまいました。

さて、今日は「大陸」という意味の「continent」の語源を見てみましょう!
(意味は小学館のランダムハウスを参照)

<continent>
[中期英語<ラテン語 continēns〔continēre「含む(CONTAIN)」の現在分詞〕=con- CON-+-tin-(ten-「保つ」の連結形)+- ēns -ENT]

「continent」は以下の2つの語から出来ています。

①<contain>
[1300年以前? 中期英語 conte(y)nen<古期フランス語 contenir<ラテン語 continēre =con- CON-+tenēre 保つ(-TENET)]

②<ENT>
[<ラテン語-ent-(-ēns の語幹); -ēns はラテン語 第二,第三,第四変化動詞の現在分詞接尾辞]

「continent」は「含む」という意味の「continēre」が派生してできた言葉のようですが、この言葉をもっとかみ砕くと、「together, with」という意味でお馴染みの「Con」に英語の「hold」に当たる「tenēre」がくっついてできたものですので、「一緒に保つ、持つ」という意味で「含む」という意味になっています。

後ろの「ent」は先日も出てきました、現在分詞の接尾辞です。形容詞(…をする、…のある、…を示す)と名詞(…する人、もの、こと、antになる事も)を表します。例はdifferent(形)やaccident(名)ですね!この2つの語については来週取り上げましょう!

という事で、「continent」の元々の意味は「含んでいるもの」といった感じでしょうか。何を含んでいるんでしょう。人、自然、動物…色々なものを含んでいるから「含んでいるもの」=「大陸」という意味になったのでしょうか。なんだかすごい想像力!

今はもう大陸、陸地、本土、という意味でしか使われていませんが、昔はやはり、入れ物、容器、収容力、内容…など、まさにcontainの名詞としての意味で使われていたようです。「container」の語尾「er」はどうも古い英語が語源のようですので、昔の「continent」と今の「container」は同じ意味だったのですね。

では、次回は先ほども言った通り、名詞や形容詞を作る「ent」について見てみましょう。
Ayako::etymology : comments (x) : trackback (x)