PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# Real とSurreal の狭間
こんにちは、くーです。娘が中学校に上がり、どこへ行くにも基本的に公共の交通機関で行ってくれるようになったので、一日当たり2時間程に及んでいた送迎に費やす時間がほぼ無くなり、さぞや自分の時間が増えるだろうと踏んでいたのですが、何故だか忙しさは変わらない生活を送っています。仕事が増えたのか、自分が怠慢なのか、それさえ検証する暇もないくらい時間に追われる日々を過ごしております。

先日、部活の練習試合で少し遠出をしなければならない日がありました。幸い、娘の選んだ部活は生徒の主体性を育成することに重点を置く部活で、保護者が土日も駆り出され、やれお茶だやれ差し入れだなどと言った暗黙の義務はなく助かっています。試合会場へも生徒達が自分で時刻表を調べ、自分達で集合時刻に遅れないように現地に向かうというのが原則です。しかし、その日の試合会場に定刻前に着くには乗り継ぎなどの関係で始発バスよりも早く家を出ないといけないとのことで、久々にママ・タクシーの出動となりました。

その帰り道、朝6時過ぎにも関わらず数名の人が道端にいたのです。例えば、自宅の門あたりに2人の親子(母娘)らしき人が立っていたのですが、その2人は2メートルくらいの間隔をおき同じ方向を向いてスマホをかざすように立っていました。最初は異様な光景だなと思いましたが、程なくして気付きました。ちょうど「ポケモンGO」がリリースされて間もない日だったのですね。

そこから運転すること数分、近くのコンビニで買い物をして駐車場を出ようとしたところ、さっきの娘さんらしき人がなんと道のど真ん中でスマホをかざして立っているではないですか。わお。いくら交通量の少ない時間帯だからって…。

今朝のNHKニュースウェブによると、「ポケモンGO」に関係した交通違反や未成年者の補導などが、配信されてから6日間に東京都内で合わせて74件に上ったとのことです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160729/k10010612881000.html

アメリカのメディアはもっと露骨に警告を発信しています。例えば、米ピッツバーグ州の15歳の少女が母親から借りた携帯で「ポケモンGO」に夢中になる余り、幹線道路で車に轢かれ、あわや大惨事になるところだったというニュースです。
http://www.wpxi.com/news/mom-says-teenage-daughter-hit-by-car-in-tarentum-after-playing-pokemon-go/399354824
以下の動画では、当の本人が涙目でカメラに向かって注意を喚起しています。
http://pittsburgh.cbslocal.com/2016/07/13/tarentum-teen-hit-by-car-while-playing-pokemon-go/

また、信じられないことに、運転手が運転中に「ポケモンGO」に熱中するケースも多発しているようです。
http://www.usatoday.com/story/news/nation/2016/07/14/pokmon-go-player-crashes-his-car-into-tree/87074762/

そうそう、また別の日に、私が車で近所の陸橋にさしかかった時に 対向車が、目の前に落ちていた大きめ落下物(たぶん段ボール箱)に直撃したのに そのまま運転を続けていてびっくりしたのですが、その運手席を見ると、運転手の目線は手元にクギ付けで前方なんて見ていませんでした。

今の世はこれだけ、リアル(Real)では満足し切れずにシュール(Surreal)な刺激、もしくはその融合を求めている人がたくさんいるということでしょうか。トレーナー同士が対戦を行える「ジム」を設けるということでマクドナルドの株価が上がったり、それまで人も寄り付かなかったような場所が観光スポット化したり、もしかすると「ポケモンGO」のおかげで自動運転車の需要が急激に伸びるかもしれません。私は目下、Realな日常を精一杯 生きていて、苦労も多いなりに見返りのある生活を送っているので、正直、Surrealにまで手を出す余裕は全くありません。でも、その狭間を楽しみたい人々が絶対数いる、そして好む好まざるに関わらず、その影響は受けるという認識は持っておかなければなりませんね。

このブームがいつまで続くかは分かりませんが、ひとまず「ポケモンGO」に手を染めるつもりのない人でもハンドルを握る時は、不幸かつ不可抗力的な事故に巻き込まれないように、歩行者だけでなく他の運転手の不審な挙動も想定に入れてかなり慎重に運転しないといけないなと強く感じています。
Qoo : comments (x) : trackback (x)