PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# ヨーロッパ旅行⑨ プラハ2日目
こんにちは、Ayakoです。プラハ2日目の続きです。

書くのを忘れていましたが、2日目の朝は、次の日に乗るウィーンへの電車の切符を買いにホテルから歩いて10分ほどの所にあった中央駅に行きました。



Rちゃんは私よりも滞在期間が長いのでヨーロッパ周遊のユーレイルパスを買っていました。5ヶ国5日間通用日のグローバルパスというもので数ヶ月前に買って5万円くらい?だったようです。私は色々迷った末、結局ユーレイルパスは購入せず現地で都度買う事にしました。ユーレイルパスはグローバルパスだと1等車に乗れるようで、Rちゃんの旅行中はRちゃんに合わせて1等を買わなければいけませんが、その後は2等でも構わないと思ったので。結局ドイツでは現地で会ったアメリカ人の友人の車で移動できたので結果的に購入しない方が費用を安く抑えられました。

現地で切符を買うのはそれほど難しくないかと思います。英語ができなくても行き先と乗りたい電車の時間を紙に書いて渡せばすぐに調べてくれると思います。ただ、やはりそこは外国。窓口の人によって親切な人もいれば「はい??」と思う人もいますが…。

ちなみに、ウィーンまではレイルジェットという高速鉄道の1等席で片道1952コルナ、または86ユーロ(席の予約料込み)で日本円で8400円程度でした。4時間ぐらいかかるのでもう少し高いかと思っていましたが、案外安くてびっくりしました。

ユーレイルパスを持っているRちゃんも初めて使用する時にパスを有効化(バリデイト)してもらわないといけないので、そこで一緒にやってもらい、これでウィーン行きの件は滞りなく終了しました。

さて、先週の続きですが、広場はそんなに見るものもなかったので、Rちゃんの完璧な計画を遂行すべく、次なる目的地、カフカの生家に向かいます。しかし、、、このへんでしょ、と思う所にそれらしきものはなく…ふと見上げるとカフカの顔を刻んだ看板?が建物に掲げられていました。



そこは、カフカ・カフェとなっていました。結局そこが生家なのかわからないまま(地図上ではそうなっている)でしたが、時間がもったいないという事で、「はい、カフカの生家来ました」という事にして、次なる目的地、プラハ城を目指します。



それにしても路面電車があちこちを走っているだけあって、プラハの街は電線だらけ。すごい繋ぎ方ですね。


Ayako::in Europe : comments (x) : trackback (x)