PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# ONE-SELF
こんにちは、Tokoです。

Be oneself … 自分自身である、つまり「自然に振る舞う」「自分らしくある」「自然体でいる」という意味になりますね。この oneself という単語を分割すると one + self ですが、one は言うまでもなく「1」であり、人・物を指す代名詞であるため「一個人」という意味も持ちます。一方、-self は「自身」を表わす再帰代名詞をつくる接尾辞です。もちろん、oneself は対象が誰か(そして所有格か目的格か)により変化して、myself、yourself、himself、herself、itself、ourselves、yourselves、themselves という形をとります。

日本でも自分らしさを大切にする教育が重視されるようになって久しく、もはや集団主義を重んじていた従来の風潮が影をひそめ、人と違う事をするのが素晴らしいという観念が定着しているように感じています。ただ、果たしてそれがoneself を確立させることに役立っているのか、少し首をかしげたくなる時があります。

自分の近況や今の気持ちを気軽に投稿できる InstagramやTwitter やFacebook などのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、YouTubeなどのインターネット動画共有サービスは、友達や同僚とのコミュニケーションをはかる場として、そして宣伝活動を効果的に行う上でものすごく有用なツールです。数年前で言えばアイス・バケツ・チャレンジ、今年はマネキン・チャレンジと、まさに国境を越えてブームが巻き起こり世界が繋がっていることを実感させるものです。さらに、自分のアップした動画などが思いのほか Go viral(急速に拡散)するという“名誉”にあずかることだって、夢ではないかもしれません。

でも“目立ちたい”という気持ちがエスカレートするのか、社会通念的に感心できない写真をアップしてまったり、知らず知らずのうちに他者を傷つけたり個人情報を暴露してしまっていたりするケースを見聞するようになりました。そして、頻繁に写真や近況をアップするという行為自体が先行し(無理して“リア充”感を出すことに懸命になるあまり)虚偽の情報を載せることが常態化し、自分を見失うことさえあるのではないでしょうか。複数のSNSアカウントを使い分け、それぞれで違う「Self 」を演じていたりなど、無意識にやってはいないでしょうか。

今年は新海誠監督の映画『君の名は。』が大ヒットしました。運命の人と繋がるということがおそらくこの映画の最大のテーマだったのだと思いますが、自分とは違う「Self」になるという伏線的なメッセージも観客を惹きつけた要因のひとつだったのではないかと私は思っています。「隣の芝は青く見える」ではないですが、人は多かれ少なかれ自分に無いものをうらやむ生き物なのです。

けれど、自分とは違う「Self」になることは絶対にできません。絶対にできない事を追い求めても最後には虚無が待っているように思います。だからこそ今、「One」に成るべく、自分という一個人を見つめ 自分という人間の深遠をとことん掘り下げることが重要な時代なのではないかと思うのです。

***


皆様、もうお気付きのことかと思いますが、今年はブログを更新できていない日が増え、平日毎日更新という方針を断念することになりました。これは私たちの本業である反訳・翻訳の業務が途切れないという喜ばしい現実の表われである反面、約7年前のブログ開設時に掲げた目標を貫くことができず大変情けなく思っております。このブログの存続についてはSWIFT メンバーに相談しました。そして、ありがたいことに一部の有志メンバーがこれからも寄稿する意向を示してくれ、今後も不定期ではありますがブログの更新を継続させていただくことになりました。

また、皆の意見を踏まえ、当ウェブサイトのリニューアルを考えることにしました。これも、本業との兼ね合いで「いつ」になるのかはお約束できませんが、できるだけ早く取り組めるよう私の新年のアジェンダに既に挙げてありますので、ぜひ(かなり気長に)楽しみにしておいて頂けるとありがたいです^^。それまでは、今までのように宜しければ当ブログをご愛読いただき、できたらブログ寄稿者の励みになるよう、当ブログに関するご意見やご要望を info@swift-web.org までお寄せいただければ幸いに存じます。

これからも変わらぬ応援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます!
Toko : comments (x) : trackback (x)