PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# ヨーロッパ旅行33 ウルム
こんにちは、Ayakoです。北海道道東を大満喫して帰ってきました。レンタカーを借りて北から南から走り回りました。去年は札幌方面に行ってとても気に入りましたが、今回の旅で断然 東派になりました。今回は車であちこち回りましたが、今度はカヌーやトレッキングなど、 ゆっくりアウトドアを楽しみたいのでまた行きたいと思います。

さて、ドイツはウルムの教会のお話の続きです。

世界一高い尖塔を持つ教会に上らないわけにはいきません。しかし上ってみたら本当にキツかった!らせん階段なので目が回るし息切れがして何度も途中で休憩しました。



階段が狭いので誰かが下りてきたり後ろに速い人がいるとよけたり待ったりしながら、ようやくの事で上まで上れたのですが、展望台でゆっくり景色を楽しみたいのに着いた頃には貧血でクラクラ。目の前もチカチカして頭痛もしてきてしばらく歩けませんでした。情けない…。

それでもなんとか景色を見ようと下をのぞくと…ひぇ~、高い!高所恐怖症ではありませんが、それでも高い所は足がすくみます。それでなくてもクラクラしているので落ちるかと思いました!



ようやく気分が良くなってきて塔の展望エリアをぐるっと回ると、街の景色は童話に出てくるメルヘンな街でキュンとしました!



小さい頃、「星の銀貨」というグリム童話の絵本が大好きでした。そこに出てくる煉瓦色の三角屋根の家や濃い緑の森がそのままあるみたいで、貧血を起こしながらも感動しました。



気分が良くなるまでしばらく塔の広いエリアで休憩した後、上りがキツかったので下りはものすごく楽に感じ、あっという間に下りられました。下りた後は先週ご紹介したお洒落なカフェでのんびりして、その後アイスクリームも食べて気分もすっきり。小さな街でしたが満喫できました。

この後はシュトゥットガルト郊外のJの住む小さな街へ行き、昔話をしながらぶらぶら街を散歩しました。前にドイツ出張に行った時、当時は森の中の小さな街のビジネスエリアに会社があったのでそこに滞在しましたが、その時から都市部よりもそういったドイツの小さな街が好きになりました。森の中の小さな街でしたがとても心が癒されました。

来週はいよいよ、この長い旅の最後の滞在地、カールスルーエのお話です。
Ayako::in Europe : comments (x) : trackback (x)