PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# 北海道道東旅行⑪ 2日目 摩周湖の前に川湯温泉&硫黄山
こんにちは、Ayakoです。皆さん、遅ればせながら明けましておめでとうございます。今年も北海道(道央か道北あたり)に行きたいなと思っているのですが、セルビアにいる知り合いに会いに行き、ついでにパリ、ドイツにいる友人にも会いに行きたい。さらには引っ越しもしたいなぁなんて考えており、なかなかお金のかかる1年になりそうです。。。旅に行った暁にはまたここで旅行記を書かせて頂きたいと思います!

さて、婚期が遅くなってでも見たかった霧ひとつない摩周湖。私は見ることができたのでしょうか!って見れたというのは予想がつくと思いますが…

…とその前に、あまりにも「早く見なければ」と思っていたように感じていたので自分の記憶が前後しておりました!

屈斜路湖の次に計画していた目的地は、屈斜路湖と摩周湖のちょうど間にある川湯温泉と硫黄山でした。この日の予定はかなりキツキツだったので先に摩周湖に行くと時間的にかなりのロスになるため、「霧のない摩周湖が見られなかったら見られないでまた来ればいいさ」と思ってちゃんと当初計画した通りのルートを通っていました。しかもしっかり温泉まで入ってました!もちろんその1つ1つの行程は摩周湖のために1.2倍速(?)でこなしましたが。

ですから屈斜路湖を後にして向かったのは山間の温泉街、川湯温泉です。日帰り温泉がいくつかあるようなのでどこに行くか迷いましたが、ガイドブックに乗っているホテルに行きました。平日の昼間だった事もあり川湯温泉街は思った以上にひっそりしていて日帰り温泉のあるホテルもがらんとしていました。もちろん温泉に入っていたのも私1人。

私は硫黄泉が好きなのですが、硫黄山も近いことだしと硫黄泉の川湯温泉を楽しみにしていたのですが、あまり硫黄の匂いもなく色も透明で、硫黄泉で有名な登別に行った時のような感動は得られず残念。すると脱衣場にこんな説明が。硫黄泉にも色々な種類があるのですね。



ちなみに、この川湯温泉は第48代横綱、大鵬のふるさとでもあるようで、大鵬相撲記念館もありました。

さっと温泉に入ってお化粧もせず、ささっと日焼け止めだけ塗って急いで車に乗り込み、次なる目的地、硫黄山へ。

硫黄山は今も白煙を上げ続ける活火山です。



明治初期には硫黄の産出も行われていたようです。近付くと硫黄の強い匂いが漂ってきました。



あまり長時間いてはいけないという注意書きもあったような気もします(なかったかな?)。硫黄の匂いと白い煙を見ると、この山は生きているんだなぁと実感できました。



次こそは本当に摩周湖編です!では。
Ayako : comments (x) : trackback (x)