PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# 北海道道東旅行12 2日目 霧の摩周湖が…
こんにちは、Ayakoです。北海道道東旅行2日目の続きです。

次なる目的地、阿寒湖を目指すついでに、とあるものが食べたくて途中の道の駅「摩周温泉」に寄りました。

そのとあるものとは…エゾシカバーガーです!



以前滞在していたカナダのバンフの名物の1つがシカ肉だったのですが、バンフでシカ肉のステーキを食べて以来シカ肉が好きになりました。とてもあっさりしたやわらかいビーフのような食感です。

という事で、それだけ期待して食べたエゾジカバーガーはどんなお味だったかと言うと…普通でした!美味しかったのですが、ソースの味が濃くて言われなかったらシカとはわからないというのが正直な感想。でも何のお肉か、と聞かれれば鶏でもないし豚でもないし牛でもないし…という感じ。

それでも、1つまた目標を達成できた達成感は味わえました。

さて、ここも急いで食べて急いで出発です。この道の駅から阿寒湖までの道のりが結構難関なのです。知り合いから北海道で車を運転していてスピードを出しすぎて捕まった人がいっぱいいるから気を付けてね、と言われていましたが、ここから阿寒湖に向かう道も気を付けなければいけない道の1つの様で、ガイドブックのドライブマップにも「スピード注意」とあった他、例の屈斜路湖のお土産屋さんのおじさんが「法定速度を守らないとすぐ捕まるよ」と教えてくれました。

とりあえずメーターを見ながら法定速度を守って走っていると、対向車線を走る車2、3台に1台ぐらいの割合で黄色い回転灯を付けた車が走っています。たぶんそれがパトロールカーなのだろうと思います。とにかく次から次へとすれ違ったのでかなり厳しく取り締まっているようです。途中でトラックなども捕まっていたのを見かけたのでものすごくドキドキしながら運転しました。

しばらく真っ直ぐな道を進むとだんだん山道に入って行きました。山道に入るとパトロールカーを見かけなくなり、いったいどこまで気を付けていればいいんだろう…と思いましたが、もう大丈夫だろうと思って後ろからぱーっと捕まえられたらたまったものではないので、仕方なく山道の法定速度30キロ(涙!)を守って走りました。前に車がいればついて行けば良かったのですが、車はいないし、後ろから車が来るとノロくて大丈夫かな…と心配になったり。後ろの人が追い越ししてくれれば私も、あ、この位の速度だったら大丈夫なのねと付いて行けますが、急カーブの続く山道なので追い越し禁止区間(涙)。気を使いすぎてものすごく疲れる運転でした。そして阿寒湖が結構遠い!なかなか辿り着かず、日もだんだん暮れてきて…阿寒湖のさらに奥のオンネトーという湖にもできれば行きたかったので心配になりながら先を急ぎました。

写真は途中であまりにも美しかったので写真を撮った雄阿寒岳です。




Ayako : comments (x) : trackback (x)