PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# 奈良への旅 2
 みなさん、こんにちは。Tです。
 私にとって、銭湯あがりの大変気持ち良い日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?体育の日も過ぎていて、そろそろ秋の本番ですね。

 このブログ毎年恒例のフォト日記は、夏に終わりましたが、今日のブログの冒頭で、次の一枚の写真を載せたいと思います。 その長閑な風景は、2012年5月23日のブログでもふれた東大寺の二月堂です。この写真で特に注目していただきたいのは、鹿たちです。彼ら(彼女ら?)は、まるで風景の一部であるかのように映っていますが、その風景を見た瞬間、「奈良だからこそ可能なことだなぁ」と思いました。
 実は、奈良の春日大社で祭られている神様は、昔白い鹿に乗って鹿島神宮から街にやってきたそうです。それで、奈良では鹿が特別扱いにされるようになって、場合によっては人間より優先されることが多いのかもしれません。
 その点は、今回の奈良への旅の時にも確認できました。3連休の最後の日、体育の日に奈良の街を走っている車の数が増えている中、鹿が道を渡ろうとしたら、信号が青でも車が止まってちゃんと鹿の用事が済むのを待っていました。京都に住む私にとって、実に馴染みのない光景でした。

 京都でも、鴨のお母さんが子供を連れて彼らが生まれたところから鴨川に引っ越しをする時、警察官が同行し交通機関や車よりその行列が優先されることが、一年に一回くらいあるのはありますが、奈良の鹿のように動物が一年中優先される街は、他にはなかなかないと思います。

 村上春樹さんがあるエッセイの中で、車のない社会を描いていました。「車がなければ、人々はいかに楽しそうに生活ができ、さまざまなことが満喫できたのに・・・」というのがそのエッセイの簡単な内容ですが、車のない社会というのは実にすばらしいだろうと私も思ったりはします。
 なぜならば、奈良の鹿たちはそのような社会の中で、さらに楽に暮らすことができるからです。

-Travelogue: my humble love for Japan : comments (x) : trackback (x)