PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# インドのコーヒーのはなし 2
こんにちは。さふらんです。木々も色づき始め、肌寒くなった朝や夜にはあたたかい飲み物がおいしい季節になりました。

そんな中、インドにスターバックス第一号店がオープン!というニュースが飛び込んできました。今日はインドのコーヒーのはなし第2弾をお送りしてみたいと思います(第1弾は2011年10月7日付)。

さて、インド初となるスターバックス。気になる値段は1杯あたり100〜150ルピー前後(現在、1ルピーは約1.5円)と、他国のスターバックスと比べると低めに設定されているようです。とはいってもインドの物価からすると相当高いコーヒーであることは確かなのですが、第一号店オープン時には店の前に長蛇の列ができたとのこと。

CNNニュースでは、「コーヒーに対する関心よりも、清潔で安全な環境でリラックスや交流が出来る点がスターバックスの店の大きな魅力(中略)仮に店でレモネードを売ったとしても、客は集まるだろう」というコンサルタント会社の分析が掲載されていますが、自分自身がインドでいわゆるチェーン系のカフェを利用する時も、確かにそこで出されるものより、その場の雰囲気を求めていた気がします。

一方で、インドのスターバックスには、そこで出されるものについても特筆すべきことがあります。今回のスターバックスによるインド進出は、インド有数の財閥タタ・グループとの提携によるものですが、同グループはインド国内で栽培したコーヒー豆をスターバックスに提供することになっています。当初はインド国内のスターバックス向けですが、いずれは世界のスターバックスチェーンに供給拡大していくとも言われており、そうすると、日本のスターバックスでインド産のコーヒーを飲む日もいずれやってくるかもしれません。

ああ、コーヒーが飲みたくなってきました。

...

追伸:
スターバックス・インドのホームページからはメニューが見られます。フードメニューにはこのブログでも言及した(2011年11月18日付)Veg.、Non-Vegのマークが。
http://www.starbucks.in/menu-list/food-list
-Essays on India : comments (x) : trackback (x)