PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# 短期韓国留学記:外国語の習得
こんにちは、Ayakoです。良い季節がやってきました!とは言え、昨日は雨の天気でかなり冷え込んで、夜は暖房をつけてしまいました。気温の変化が激しくて体調管理が大変です。

さて1週間の韓国留学と言っても授業は実質平日の5日間だけだったので、あっという間の留学でしたがクラスメートとは徐々に仲良くなっていきました。同じクラスには日本人、海外で生まれ育った韓国人、ドイツ人、アメリカ人、韓国人とアメリカ人のハーフの人がいて、性別・国籍様々でした。

日本人で韓国語を勉強している友達や、韓国人の先生と韓国語で話す機会は日本にいる時からありましたが、他の国の人と韓国語で会話をするのは、普段「外国人と話す=英語」に慣れている私にとってとても新鮮な経験でした。でもとても楽しかったし、アメリカに留学したての頃を思い出して懐かしくなりました。

なんでもそうですが、慣れてくると意識しなくてもできるようになり、それが楽でもあり惰性的になりがちでもありますよね。私にとって英語も10年以上の付き合いになって、英語を使う機会がなくなって思う様に喋れなくなってきたとは言え、それでもなんとか意識しなくても口から出てくるし、時には適当な英語で喋っていたりする事もあります。

韓国語で話すのはまだまだそのレベルではなく、新鮮とは言いつつも、毎回頭の中で文を思い浮かべたり言いたい事が言えずにもどかしくなる事もよくあります。授業中はそうでもないですが、クラスメートと会話をしていると特にそういう事がよくあります。クラスメートの友達とランチを一緒に食べにいくことがありましたが、皆韓国語のレベルが同じぐらいなので易しい言い回しである程度の事は会話できます。それでも時々、こう言いたいのに言えないという事があって、だいたい相手は何が言いたいかわかってくれるのですが、そんな時は「韓国語難しいなぁ」と落ち込んだりもしました。

でも外国語ってそうやって喜んだり落ち込んだりしながらだんだんと身についていくものなのですよね。言葉が通じた喜びが「今まで勉強してきて良かった!」とさらなる喜びにつながるし、もどかしくて落ち込む気持ちが「もっと勉強しなきゃ!」というさらなるパワーにつながります。

今後も日本でそれを繰り返しながら1歩1歩韓国語を身につけていきたいと思います。

Ayako studying in Korea : comments (x) : trackback (x)