PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# 英国生活日記(6)ヴァレンタインは「匿名で」告白!?
こんにちは、Y です。ヴァレンタインには女性が男性にチョコレートを贈って愛の告白をする、のは日本独特の文化ですが、イギリスではどのようにお祝いするのでしょうか。1週遅れになってしまいましたが、今回はイギリスのヴァレンタイン文化について、カップルの場合、片思いの場合、そして不思議な贈り物という3つの項目に分けて書いてみたいと思います。

《カップルのヴァレンタイン》
イギリスでは、ヴァレンタインに男女がメッセージ・カードを交換することも多く、日本ほど男女の役割分担がはっきりとはしていません。それでも、巷に溢れるヴァレンタイン・ギフトを見ていると、やはりヴァレンタインは男性が女性に愛のメッセージを届けるための日、と解されていることが伺えます。男性が、恋人(妻)にカードや花など、ちょっとしたプレゼントを贈り、恋人同士(夫婦)で雰囲気のいいレストランで食事をしたりする、というのが一般的なお祝いの仕方です。一説によると、「ヴァレンタインにチョコレートを贈る」という風習はイギリスの大手チョコレート・メーカーであるキャドバリー社が19世紀後半に広めようとしたものだそうです。そのためか、イギリスでもハート型のチョコレートなどが贈り物として選ばれることも多く、カードやバラの花についで定番の贈り物となっています。ただし、イギリスでは贈り物に凝るよりも、恋人同士(夫婦)で互いの気持ちの確認し合う、ということに重きが置かれているように思います。

《片思いの人は匿名で告白!?》
では、恋人はいないけれど好きな人はいる、という人はどうするのでしょうか。なんと、イギリスでは、片思いの人には、「匿名で告白する」という方法があるそうです。具体的には…片思いの人が好きな人に匿名でメッセージ・カードを送る。そうすると、カードを送られた側は、「私(僕)を好きな人は誰だろう」と考えて、周りを意識するようになる。上手く行けば、両思いであるということが分かり(あるいは両思いに発展し)、めでたく恋人同士になれる…というシナリオです。ただし、これは主に「好きな人がいるけれど、どうしたらいいかわからない」という位の年齢層の子供たちの間で行われるのが一般的だそうです(大人になると、そんな回りくどいことはしなくなるので)。

《ヴァレンタイン・モンキーの謎》
イギリスでは、ヴァレンタインが近づくと、メッセージ・カードの専門店がヴァレンタイン・カードとそれに関連した贈り物で店内を一杯にします。ヴァレンタインの贈り物の定番の一つに、ぬいぐるみがあります。主流となるのは、やはりクマのぬいぐるみなのですが、私が昨年イギリスに滞在していたときは、なぜかサルのぬいぐるみもクマと並んで売り出されていました。赤いハート柄のショートパンツをはいたサルなどが、なぜかカード・ショップにも、スーパーのヴァレンタイン・コーナーにも、クマと肩を並べて陳列されていたのです。「どうしてサルなの?」とイギリス人の友人に聞いても、「分からない」との答え。試しに Valentine と Monkey を検索したところ、サルをモチーフにしたヴァレンタイン用の贈り物がたくさん出てきたので、ヴァレンタインの贈り物としては珍しくないようです。ついでに真っ赤なハート型をしたサルのお尻の画像を発見したので、これが由来なのかなあとも思うのですが、本当のところはどうなのか…??今度冬場にイギリスに行ったら、再びこの謎解きに挑戦したいと思います。

Y : comments (x) : trackback (x)