PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# ドイツ紀行?
こんにちは、Ayakoです。先週に引き続きドイツ紀行を書いていきたいと思います。

カールスルーエという地名はドイツ語で「カールの(karls)」「休息所(ruhe)」という意味でカール3世という人が18世紀に宮殿をここに遷して近代的な都市を作ったそうです。(残念ながら夜のカールスルーエの街しか歩く事ができなかったのでライトアップされた宮殿しか見ることができませんでしたが。)

この宮殿を中心に放射線状に街が作られているそうです。
夜の街を歩いていると博物館前の公園に辿りつきました。
なんと公園にはグリム童話をモチーフにした幻想的な影絵がいくつもありました!赤や黄色、緑、オレンジ、紫など何十種類もの影絵がありとても素敵でひとつひとつ見てはまわっては写真を撮っていきました。しかし影絵の写真というのは難しいもので、写真の腕がいまひとつな私は何度撮ってもぼやけてしまってうまく撮れません。一緒に日本から出張していた同僚が写真のとても上手な人だったのでお願いして全部撮ってもらいました。(彼のカメラは私のよりも機能のあまりない、しかも望遠すらついていないカメラだったのに、どうして彼の方がうまく撮れるのでしょう!!??今回の出張兼観光で撮った写真のほとんどを彼から分けてもらいました)

次の日は週末だったのでドイツのスタッフがカールスルーエの近隣の町へ案内してくれました。また日曜日はカールスルーエから車で2時間ほどの、と言ってもドイツの人は車で150キロくらいで高速を走るので距離はけっこうあるのだとは思いますが、フランスの都市、ストラスブールへ行きました。が、そのお話はまた来週・・・

Ayako in +Deutschland : comments (x) : trackback (x)