PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# 英国生活日記(24)東北支援のチャリティ・イベント(続)
こんにちは、Y です。先月半ば、地元のイギリスの大学で東北支援のチャリティ・イベントが開催されました(詳しくは、前回ブログを参照)。今回は、当日の模様を写真と共にお伝えします。

当日の催しは、ステージ上で行われる音楽パフォーマンスと、日本文化の体験コーナーから構成されていました。ステージ上では、英国で活動している民謡、三線、和太鼓グループによるパフォーマンスが行われました。

こちらは和太鼓の演奏の模様。ご覧のように、演奏者は日本人ではありません。当日最後の演目でしたが、かなりの観衆を集めていました。

体験コーナーの中で常時人気を博していたのは、折り紙でした。テーブルには折り鶴がきれいに並んでいますが…折り紙初心者に鶴の折り方を教えるのは大変でした。しかし、難しいからこそ(?)、皆さん真剣に取り組んでいる様子が伺えます。

子供たちに人気だったのは、金魚すくい(もどき)。写真では、色とりどりのボールばかりが目立つのですが、実は、プラスチックの金魚のおもちゃが水に浮かんでいます。捕まえた金魚の数に応じて、小さなおもちゃやお菓子などの景品がもらえるという仕組みでした(金魚は要返却)。

こちらはおみくじコーナー。手作りの社がほほえましいです。おみくじの結果は、有り難いことに凶ではありませんでした(ここ数年は凶が多かった)。

この他にも、習字、着物の着付け、ちりめん細工、生け花、絞り染め、お化け屋敷、メイドカフェ、囲碁・将棋などの体験コーナーがありました。中でも意外とよくできていたのが、暗い教室の中に作られたお化け屋敷でした。大人の私は突然出てくるお化けにびっくりした程度でしたが、子供たちの中には叫び声を上げて本気で怖がっている子もいました。また、メイドカフェには、立派な衣装に身を包んだ可愛いメイドたちが揃っていました。日本のメイドカフェと異なるのは、男女両方のメイドがいたということでしょうか(笑)。

全体として印象に残ったのは、このイベントが日本に興味のある現地の住民と日本人とのいい協力関係の下で成り立っているということでした。このイベントは毎年開催されるということですが、少しずつ新しい試みを足して、参加者を増やしていってほしいなと思います。

.
* * *


現地からのレポートありがとうございます。大盛況だったようで素晴らしいです。東北に皆さんの思いも届くといいですね。Toko
Y : comments (x) : trackback (x)