PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# タイ&台湾旅行記6 タイ国王の避暑地 バンパイン宮殿
こんにちは、Ayakoです。タイ旅行記の続きです。

さて、チャオプラヤ川のクルーズが終わり、船を下りて向かった先は王様の避暑地であるバンパイン宮殿でした。
タイの人々は国王や王室をとても敬愛していて、特に現国王ラマ9世は名君として信頼も厚く国民からとても尊敬され愛されているそうです。

街中にはあちこちに国王の大きな写真が立っています。空港にもありました。王様、若いな〜と思っていたら、どうもだいぶ前の写真のようです。タイの紙幣にもすべて国王の姿が描かれています。

知り合いが以前タイに行った時のこと。夕方の5時頃、街中で国歌が流れてきて公園でマラソンをしていた人、街行く人、誰もが立ち止まって国歌が終わるまで動かなかったそうです。それくらい国王や王室はタイの人々にとって大切な存在なのですね。

このバンパイン宮殿は普段は一般に公開されていますが、実際に王様が避暑にこちらへ来られるそうでその時は閉鎖されるそうです。

私達は一部しか見ませんでしたが中はとても広い公園のようになっています。中に入ると洋風の建物やタイの伝統様式の建物、中国様式の建物などがありました。庭もお花やマンゴーの木、その他の木々が茂っていてとてもきれいに手入れされていて、イングリッシュガーデンのような趣でした。人も少なく、とても手入れがされていて、王様がのんびりされている所が想像できるような心地よい空間だと思いました。

タイのお寺では、女性は、短いスカートやパンツ、ノースリーブのシャツのような肌を露出する服装で入ることが禁止されています。バンパイン宮殿はお寺ではありませんが、ここでも肌が露出した服装は禁止されていました。ただ、お寺でもここでも、入り口でタイ風のスカーフのような巻物を借りることができます。私は最初からそう聞いていたので長いジーンズにカーディガンを羽織って行ったのですが、ちょっとあの巻物、巻いてみたかった…。巻いている人をうらやましいなぁと思って見ていました。

最後は、タイらしく ぞうさんで。

.
* * *

この建物のどこかで、タイ古式マッサージを受けている王様を想像したのは、わたしだけでしょうか。。 Toko
Ayako in Taiwan & Thailand : comments (x) : trackback (x)