PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# タイ&台湾旅行記7 アユタヤ最古の寺院 ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
こんにちは、Ayakoです。

さて、いよいよアユタヤの遺跡群へ足を踏み入れていきます。
その前にアユタヤの歴史を…。

アユタヤは1351年から1767年までの400年以上にわたって繁栄した王朝です。地形に恵まれ、ヨーロッパと東アジアを結ぶ国際貿易都市として栄えましたが、最後はビルマ軍に占領されてしまいました。アユタヤは1991年に世界文化遺産に指定されています。

最初に行ったのはアユタヤ最古の寺院「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」です。
http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=579
ちなみに「ワット」はタイ語で「寺院」という意味だそう。ワット・ヤイ・チャイ・モンコンの仏塔が建立されたのは1357年なのでアユタヤ王朝が始まってすぐに建てられた古いお寺です。

入り口から入るとすぐ左手に寝転んでいる涅槃仏の後ろ姿が見えます。涅槃仏とはお釈迦様が入滅(解脱、ニルバーナ)される様子をあらわしたものだそうです。お昼寝されているように見えますが(!)、これから解脱の境地に入られる(つまり亡くなる)姿です。足の裏の大きさは大人の背丈ほどもあるそうです。
この階段を上っていくと中には金箔が貼られた仏様が。参拝者はここで金箔を買ってこの仏像に貼るそうです。
仏塔の前には左右に2体の大きなお釈迦様が座っておられます。
白い花はプルメリアです。とてもいい香り。私の大好きな香りです。ハワイでもプルメリアは人気ですよね。ですがタイではお葬式のお花だそう。日本の菊のような感じですね。ガイドさんによると、タイの人はプルメリアの香りを嗅ぐとお葬式を思い出すそうです。

お昼を過ぎてとにかく日差しが強かったので大変でしたが素晴らしい遺跡でした。

.
* * *

お釈迦様の立派なお姿もさることながら、所々に見られる神々しい黄金色の布(?)が気になります。ちなみに今年 新調したわたしの財布と全く同じ色なのですが、御利益あるかな・・・Toko
Ayako in Taiwan & Thailand : comments (x) : trackback (x)