PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# Hot potato
こんにちは、くーです。国会で名物のヤジ。実は、都議会や市町村の議会でも日常的に起こっているのかもしれませんね。とはいえ、今回の、みんなの党の塩村都議に対するヤジは、品位に欠くだけでなく、人の一番傷つき易い部分を敢えて攻撃するかなり悪質な人格を疑うヤジでした。・・・と、こんな事はもう色んな所で(海外でも!)議論し尽くされているかもしれないので、今日は英語のフレーズを交えながら話を進めたいと思います。

何が一番ザンネンかって、自分の言葉に責任を持てない大人が議員をやっている事ですね。ヤジるならヤジるで、自分の思っている事を述べたのだろうから、堂々と「わたしが言いました」と言えないものか。しばらくして、ようやく鈴木都議が名乗り出ましたが、残りの声の主は、引き続き

 play possum たぬき寝入りをする

つもりでしょうか。声紋鑑定によって特定された方が、よっぽど取り返しのつかない事になると思うのですが・・・。どこかで冷や汗をかきながら、「このまま逃られるかも」と息を潜めておられるのでしょうか。

だからと言って、一番最初に名乗り出た鈴木都議が称賛されるべきかと言えば、そうではなく、普段からセクハラ色の強い言動が多かったようなので、「特定されるのは時間の問題」と判断して“自首”したというのが実情でしょうね。さて、塩村都議とは

 mend fences 関係改善を図る、友好を回復する、仲直りをする

事ができたのでしょうか。もはや塩村都議個人の問題ではなく、国民…いえ、真面目に人生に悩み歩んでいる女性達みんなに謝って欲しいですけど。

それにしても、常習的にセクハラ行為をしている鈴木都議にとって、あのヤジは本心から出た普通の言葉に過ぎず、今回の事は

 out of blue 青天の霹靂[へきれき]

だったのでしょうか。まさか、いつも寝言のように口にしている言葉が、大手海外メディアから叩かれるまでになるとは夢にも思わなかった?

勿論、これには塩村都議の思惑があるかもしれません。かつて報道作家をしていた才女ですし、それに美人ときています。これを機に、みんなの党の…自分のプローモーションを企て、全国区の知名度を得ようとしていると言っても大きな的外れではないでしょう。

 in the nutshell  まとめますと、

一見、善 vs. 悪が明確に思えるような今回の件も、被害者と加害者の双方に思惑や駆け引きがある、といったところでしょうか。女性として、あの言葉を受けて心底 傷ついたならば、ここまで公にして、自ら傷口に塩を塗るような真似はできないのではないかという気がしています。なので、無論、低俗なヤジは排除すべきで一女性として声の主を徹底的に糾弾したいところですが、ここで一番の

 hot potato 手に余る存在

は、塩村都議なのかもしれません。

.
* * *


そこまでしないと、話題にしてもらえないほど女性蔑視が常態化している所が、悲しいですね。Toko
Qoo : comments (x) : trackback (x)