PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# ケーガン判事について
 wadaです。今回は私も女性判事の話題を…

 今年の3月にオバマ大統領は、最高裁の判事に女性であるエリーナ・ケーガンを指名しました。最高裁の女性判事はソトマイヨールに次いで史上4人目となるそうですが、The Economist[May 15th]の記事によるとケーガンの指名についても賛否が分かれているようです。例えば、彼女はハーバード・ロースクールの学部長時代に、軍があからさまなゲイを禁止したのに反対して、学内での軍の勧誘を禁止したのですが、これに対しては民主党の側からも批判が出ているようです。

 興味を引くのが、最高裁がいずれ審理することになる保険制度改革への異議申し立てに彼女が重要な役割を果たす可能性があるという点について、共和党の側はほとんど注目していないということです。議会は「複数の州にまたがる…商取引を統制」する権利が憲法によって与えられているのですが、保険制度を推進する政府はこれを広く解釈して、制度に反対した州があってもこの条項を根拠に国民を保険に加入させようとします。それが審議に付された場合、ケーガンはこの条項をどこまで広く解釈することになるかという問題が生じるというわけです。

 最高裁の判事が粛々と指名される日本とは異なって、アメリカでは政争の種が尽きないようです。

WOMEN : comments (x) : trackback (x)