PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# Biodiversity
こんにちは、Tokoです^^
Biodiversity(生物多様性)という言葉、耳にされたことはありますか?
昨今この「生物多様性」をめぐって国際間で熱い議論が交わされています。

「生物多様性」とは、あらゆる多様な生物種(遺伝的多様性を含む)と
それによって成り立つ生態系の豊かさの均衡が保たれている状態であると
一口に言うことはできますが、学術的・政治的・経済的な側面も踏まえ
すべて網羅して解説しようとすると論文のような長さになってしまうので、
ここでは、簡単にご紹介する程度に留めさせていただきます^^;

1992年、ブラジルで生物多様性に関する国際会議が開かれ、そこで
生物多様性条約(CBD; Convention on Biological Diversity) という
議定書が締結がされました。その内容は:
1. 生物多様性の保全(preservation of biodiversity)
2. 生物多様性の持続的利用(sustainable development of biodiversity)
3. 遺伝資源としての生物多様性から得られる利益分配
   (sharing of benefits obtained from biodiversity)
以来、1年から1年半の間隔で、バハマ、インドネシア、アルゼンチン、
スロバキア、ケニア、オランダ、マレーシア、ドイツなど世界各地にて、
そして今年10月は名古屋にて2週間にわたり国際会議が開かれました。

もちろん焦点となっているのは「生物多様性」の消失を導くと考えれる要因、
森林破壊、(大気・水質・土壌)汚染、乱獲、地球温暖化、気候変動など、
環境保全や絶滅危惧種保護に関連し一般に知られているかもしれません。

しかし現在議論の的となっているのはバイオ・パイラシーと呼ばれる行為。
これは、開発途上国の有する豊富な“生物資源”が、工場原料や薬品、
主に「夢の新薬」などとして開発される場合、先進国や多国籍企業は
その元となる知識および資源を途上国から得ているにもかかわらず、
その開発による利益が正当に分配されていないとする考え方です。
パイラシー(piracy)とは「海賊行為」という意味で、ソフトの海賊版など、
著作権侵害(違法コピー)としてよく知られるようになった言葉ですね。

国連は、今年2010年をthe International Year of Biodiversityと宣言。
開発途上国の“生物資源”について海賊行為がなされているという現状に
わたしたち先進国の人間は目を向ける必要があるかもしれませんね。

Toko : comments (x) : trackback (x)