PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# 禁断の青(2)
コウです。

先日12月20日の続き。青い食べ物はおいしそうに見えない、というのは本当でしょうか?確かに、日本で青い食べ物を見かけることはあまりありません。ダイエットふりかけのように、青い食べ物がおいしそうに見えないという感覚を逆手に取った商品さえありました。ごはんに青いふりかけをかけることで食欲を減退させ、ダイエットにつなげようという、なんとも言えない商品です。

しかし同時に、いくつかの例外はあると思います。たとえば、日本の食品業界では青色はタブーだったそうですが、そのような事情を知りながら青いパッケージを採用したポカリスエットが、大ヒット商品になったことも事実です。ちなみにわたし、ガリガリ君(ソーダ味)が大好きですし、チョコミントのアイスクリームもよく食べます。

もう一つ気になるのは、アメリカでは(と言い切ってしまってよいのかどうかはわかりませんが)、なぜ青いお菓子やケーキが売られているのでしょうか。また、アメリカの映画やドラマで、しばしば青いケーキが登場するのはなぜなのでしょう。あれはみんな、おいしそうだと思って食べているの?それともデザイン重視?日本のケーキ屋さんでは青色は見たことがありません。

結局、時と場合(と、食べ物の種類)によるという結論に落ち着きそうですが、これは文化と食事、あるいはマーケティングの関係を考える上で、重要なケーススタディになるような気がします。

Kou : comments (x) : trackback (x)